ランモバは逃げない 逃げるのはいつも自分

ランモバを超ゆる~く攻略中。初心者さんに役立つTIPS(キャラクター性能、ステージ攻略、各種コンテンツ攻略)を詳しくまとめています。

【ランモバ】エルウィンのスキルや魅力をたっぷりと紹介します!!

f:id:mach04161101:20190425224904j:plain

ラングリッサーモバイルをプレイされている皆さん、ごきげんよう

『ランモバは逃げない 逃げるのはいつも自分』略して"ラン逃げ"管理人のmachです。

今回はラングリッサーモバイルに登場するキャラクター『エルウィン』がどんなキャラクターなのかを初心者さんにもわかりやすく紹介したい思います。

エルウィンをまだ仲間にしていない方はもちろん、仲間にしている方でもいまいちエルウィンのことがわからない方のためになる情報を詳しく書いておりますので、是非参考にしてみてくださいね!!

 

エルウィンの基本情報

f:id:mach04161101:20190425224901j:plain

・レアリティ:SSR

・兵種:歩兵

・初期クラス:ファイター

・陣営:主人公オーラ・光輝軍・帝国の栄光

・CV:保志 総一朗

以下、エルウィンのバックグラウンドです。

光輝の末裔の一人で大陸を旅する若者。

サルラスの村でレイガルド帝国にさらわれようとしていたリアナを助けたことをきっかけに帝国との戦いが始まる。

正義感が強く、彼の選択が大陸の未来を大きく変えていく。

正直で名誉を重視するが、衝動的な一面もある。

大きな偉業を成し遂げるようなことは考えたことがない。

エルウィンは養父ドレンの仇であるファイアスを殺した後、仲間たちは決闘ではなく、信頼のために自分と共に戦ってくれていることを理解した。

以前は草尾毅さんが声優を務めていましたが、モバイル版では保志総一朗さんが声優を務めています。

正義感とたたずまいはRPGの主人公そのものと言った感じですよね。ただ個人的にはエルウィンとレディンが被って見えて仕方がないのですが、気のせいではないですよね?w

エルウィンの"ここ"が強い!!

この章ではエルウィンの強いところを紹介します。さすがは歴代の主人公、といったスキルを多く所持していますよ!

2種類の自己ヒールによりとにかく硬い!!

エルウィンはタレントスキル"勇者の意志"の効果によって戦闘後40%の確率で与えたダメージの30%のHPを回復することができます。

f:id:mach04161101:20190427120646j:plain

▲戦闘後はタレントスキルによりHPが回復

初めから覚えている攻撃スキル"日輪斬"により与えたダメージの30%のHPを回復することができます。

f:id:mach04161101:20190427115613j:plain

▲"日輪斬"は攻撃しながらHPを回復できます。

タレントスキルは確率での発動になってしまいますが、この2つのスキルの効果が重複したときにはなんと与えたダメージの60%のHPを回復することができるんです。

これにより生存率が上がり長い間前線を維持することができるんですよね。エルウィンは今まで入手したキャラクターの中ではトップクラスの安定感を誇ってくれています。

硬い!硬い!!エルウィンとにかく硬い!!さすがは主人公やで!!

スキル"看破"が地味に強い

エルウィンはレベル12になると"看破"というスキルを取得することができます。

このスキルは自身のクリティカル率を10%増加させることができるだけでなく、敵にダメージを与えたときに50%の確率で敵が2ターンの間パッシブスキルを使用することを封じることができます。

f:id:mach04161101:20190427121739j:plain

▲"看破"でパッシブスキルを封じてドヤ顔をしてやりましょうw

レアリティがSSRのキャラクターや女神の試練のドラゴンなど、強力なパッシブスキルを所持している敵には"看破"を使ってパッシブスキルを封じてやりましょう!

ちなみにこのスキルはクリティカルヒット時には発動率が100%になることを覚えておくといいでしょう。

「光輝軍」のキャラクターを大幅に強化可能

エルウィンはヒーローにクラスチェンジすることで、「光輝軍」に所属しているキャラクターの攻撃力と防御力を大幅に強化することができる"不滅の輝き"を取得することができます。

f:id:mach04161101:20190427121744j:plain

▲"不滅の輝き"でエルウィンとシェリーを強化!!

「光輝軍」に所属しているキャラクターには皆さんがイベントで入手したであろうシェリーがいますが、シェリーを大幅に強化できるのは非常に強いですよ!

エルウィンの弱点

2種類の自己ヒール、敵のパッシブスキルを封じる、味方を大幅に強化できる、など非常に強いエルウィンではありますが、やはりレアリティがSSRなので仲間にしにくいのは辛いですよね・・・。

f:id:mach04161101:20190427090253j:plain

▲この世界"を"必ず救ってください・・・

私はエルウィンを仲間にするのに10連召喚を7~8回した記憶がありますが、皆さんはエルウィンを仲間にすることはできましたか?

 

エルウィンの育成方法

この章ではエルウィンのおすすめのクラスチェンジの流れと装備品に関して詳しく紹介していきます。

おすすめクラス

ファイターからはハイランダー、ソードマン、ジェネラルへのクラスチェンジが可能です。

f:id:mach04161101:20190427095459j:plain

▲ファイターからはソードマン ⇒ ヒーローへのクラスチェンジをおすすめしたいです

ヒーローでは光輝軍に所属しているキャラクターを大幅に強化できる"不滅の輝き"とエルウィン最強火力である"剣魂"を取得することができますので、ラン逃げとしてはソードマンからヒーローへのクラスチェンジをおすすめしたいです。

またジェネラルからマーシャルへのクラスチェンジも悪くはないです。

特にマーシャルで取得できる"迎撃痛打"は防御力をエルウィン自身の攻撃力に比例して増加させるだけでなく、2ターンの間敵のパッシブスキルを使用不能にさせることができます。

ただしこのルートの場合ガードスキルは取得できないことは注意しましょう。

 

装備品

エルウィンは前線に出て戦うキャラクターですので、武器は最大HPが増加するものを装備するべきでしょう。

※ 武器の中には"きようさ"を上げるものもありますが、エルウィンの生存率を上げるためにも最大HPが上がるものを選びましょう。

例えば"ナイトホーク"というレアリティがSSRの武器があります。

f:id:mach04161101:20190427110118j:plain

▲ナイトホーク

この武器は装備すると攻撃力が上がるのはもちろんですが、同時に"きようさ"というステータスも上がります。

きようさというステータスがどのような効果をもたらすのかはわかりませんが、だったら攻撃力と最大HPを増加させるミスリルハンマーなどの武器の方がエルウィンの生存力を上げるのに一役買ってくれると思います。

f:id:mach04161101:20190427110116j:plain

ミスリルハンマー

 

エンチャント

エルウィンはソードマンにするか、ジェネラルにするかによっておすすめするエンチャントも変わってきます。

ソードマンからヒーローにクラスチェンジするならば、クリティカル率とクリティカルダメージが増加する"烈日"、攻撃力と知力が増加し被ダメージが下がる"怒涛"がおすすめです。

ジェネラルからマーシャルへクラスチェンジするならば最大HPを増加させ被ダメージを下げる"鋼鉄"がおすすめです。

またどのクラスでもタレントスキルと"日輪斬"によりHPを体力に回復でき、HPを80%以上保つこともできるでしょうから"満月"などもいいと思います。

紹介したエンチャントの詳しい効果は以下のようになります。

・烈日

f:id:mach04161101:20190427095457j:plain

  • 2箇所:クリティカル率が5%増加する。
  • 4箇所:クリティカルダメージが20%増加する。

・怒涛

f:id:mach04161101:20190427095455j:plain

  • 2箇所:攻撃力と知力が5%増加する。
  • 4箇所:攻撃するとき攻撃力が10%増加し、被ダメージが15%減少する。

・鋼鉄

f:id:mach04161101:20190427104707j:plain

  • 2箇所:最大HPが10%増加する。
  • 4箇所:被ダメージが10%減少する。

・満月

f:id:mach04161101:20190427104709j:plain

  • 2箇所:攻撃力と知力が5%増加する。
  • 4箇所:HPが80%以上のとき、全ての攻撃力と防御力のステータスが10%増加する。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はエルウィンのスキルやおすすめのクラスチェンジ、装備、エンチャントなどをまとめてみました。

どの攻略サイトでも薦めていますが確かにエルウィンは強いキャラクターです。

やはり2種類の自己ヒールが本当に優秀でこの効果のおかげで長らく前線を維持することができますし、攻撃スキルも優秀ですからもう非の打ちどころがありません。

仲間に出来ればこれほど頼りになるキャラクターもいませんので、みなさんにも是非仲間にしてほしいなと思います。

まぁなかなか当たらないんですがね・・・。

 

今回はここまでです。では、また次回です!!